企業法務は顧問弁護士に相談が吉

企業にとっては欠かすことが出来ない業務、企業法務ですが、そんな企業法務は、顧問弁護士に相談することや、必要に応じてお任せすることが大切です。企業法務とは具体的にどのようなことか、企業法務における法務リスクに関して合わせてご説明します。

 

まず企業法務とは、企業における法律関連の事柄(契約書作成や重要書類の作成など、法的効力のある書類の作成、登記の申請などが挙げられます)を指します。こうした企業法務を行う際には、正しい申請方法、正しい手順で行うことが必要になり、こうした法務は少しのミスをしてしまった瞬間、会社が崩壊する恐れもある、非常に重要な仕事であると言えます。

 

そんな企業法務ですが、一般人が手を出すには非常に危険で、万が一のミスが許されない事柄(法務リスク)になりますので、多くの企業では、顧問弁護士を雇って、企業法務を行っていくことになります。顧問弁護士を雇わずに、毎回弁護士に依頼をするという企業もありますが、大手企業などの場合は特に、毎回雇ってしまうよりも、会社の内情をより深く知ってもらい、会社の内情に合わせた提案をしてくれる顧問弁護士を雇う企業主が多いようです。

 

顧問弁護士であれば、法律のエキスパートになりますので、法務リスク管理が出来ることもある点が、大きな特徴であると言えます。決まった申請を行うだけではなく、様々な法務リスク管理を行う顧問弁護士を、最低一人はおいておきたいと考える企業は多いと言えるでしょう。